浄向寺護寺会

このエントリーをはてなブックマークに追加
浄向寺護寺会のご紹介をさせていただきます。護寺会は、平成2年4月に発足した浄向寺門信徒を母体とした、任意の会です。
その力は強大で、現在までに護寺会を中心として、浄向寺山門や本堂の内外壁の改修工事、本堂の外扉のアルミサッシ化などの修繕業務。また本願寺の蓮如上人500回遠忌法要、親鸞聖人の750回大遠忌法要、本願寺伝灯奉告法要に対してのご懇志上納などの支援。婦人部や土曜学校への活動助成金の拠出など、文字通り浄向寺の活動・財政を護持していただく会です。
近年は新しい役員さんも加わっていただいて、さらにパワーアップして活動されています。

○規約

永照山 浄向寺護寺会 会則
第1章 総則
第1条  本会は宗教法人永照山浄向寺の門信徒をもって構成し、「永照山浄向寺護寺会」と称する。またこの団体を次の所在地におく。大阪府東大阪市立花町15番4号。
第2条   (1)本会は宗教法人浄向寺の発展を第一義とし、そのための経済的基盤を固め、門信徒相互の親睦をはかることを目的とする。
    (2)前号の目的を達成するための行事・法要・維持支援を行う。

第2章  組織及び運営
第3条 門信徒総代と役員をもって運営する。
第4条 門信徒の中より役員を選出し、会長1名・副会長2名を互選する。なお会長は、浄向寺総代のうち1名がこれにあたる。また役員の中から会計・会計監査・書記をそれぞれ若干名選出する。
第5条 本会の役員の任期は2年とする。再選は妨げない。
第6条  ()会長は年1回定時総会を招集する。また、臨時総会並びに役員会を必要に応じてその都度招集することが出来る。
     ()会長は総会や役員会に於いて案件、行事等役員会の総意を纏める。

第7条 総会並びに役員会は過半数をもって裁決するものとする。
第8条 役員会における議決は、議事録に記載し、会長・副会長・住職の署名のうえ、保存する。

第3章  会計
第9条 本会の活動に必要な資金は、会員からの会費を充てるものとする。
(1)会員は一口以上の会費を納める。ただし、一口1カ月250円とする。
(2)浄向寺境内地内の墓地の管理費は、1区画年間3千円とする。
(3)会費については会計が適正に管理を行い、役員会にて会計報告を行う。

第10条  本会の会計年度は、4月1日より翌年3月31日とする。
第11条 会則の変更は、総会の決議によらなければならない。

                 附則:   平成2年4月1日 施行。
                      令和3年9月18日 改定

○護寺会役員名

会長:築山信夫
副会長:表康之・髙萩義治
会計:六井冨美男
会計監査:大辻登和子・清水喜彦
書記(事務局):西田弥代美
役員:吉田弘司・山本正典・樋口収治・村井達生・川畑英樹・入江恵三・乾育久