浄向寺の沿革

このエントリーをはてなブックマークに追加

【宗教法人としての浄向寺概要】
◯主たる寺務所         大阪府東大阪市立花町15番4号
◯法人成立の年月日       昭和28年11月19日
◯目的             
親鸞聖人を宗祖と仰ぎ、浄土真宗の教義をひろめ、法要儀式を行い、及び浄向寺に属する僧侶門徒その他の信者を教化育成し、その他浄向寺の目的を達成するための業務及び礼拝の施設その他の財産の維持管理を行うことを目的とする。
◯代表役員           西原法興            
平成23年2月4日就任・2月14日登記
◯公示の方法           本堂掲示場に10日間掲示して行う
◯包括団体の名称及び宗教法人非宗教法人の別           
宗教法人 浄土真宗本願寺派
◯本尊            
阿弥陀如来立像・親鸞聖人絵像・蓮如上人絵像・上宮太子絵像・七高僧絵像・良如宗主絵像
【永照山浄向寺の沿革】

浄土真宗本願寺派末寺。惣道場の時代を経て、元禄2年(1689)、住職釋大安の時に本山より寺号を許可されました。本尊阿弥陀如来立像は、元禄14年(1701)本願寺仏師「渡辺康雲(わたなべこううん)」作で、木造漆塗、背面に寺号を許される前の呼称「河州河内郡額田村惣道場」が記されています。
また当村の西方に、明徳寺(明徳庵)という当院の下寺がありましたが、明治6年に廃寺になっています。
当院の歴史で注目されることは、江戸時代後期(主に文化文政時代)に起こった真宗教学史上最大の擾乱で、本願寺派を二分した「三業惑乱(さんごうわくらん)」(1797~1806)がおこったが、その時功存・智洞(こうぞん・ちどう)など学林の新義派を糺して、その後の教義を主導することとなる学僧「真実院大瀛和上(しんじついんだいえいわじょう)」が若い時より逗留し、当院の住職・僧超(そうちょう)を補佐し、河内・大和を布教したという事実です。
 まさに現在の真宗教学の根幹となる『浄土真宗金剛錍(じょうどしんしゅうこんごうべい)』『横超直道金剛錍(おうちょうじきどうこんごうべい)』という書は、当院で構想されたといっても過言ではないでしょう。
 現住職(15世)・西原法興はこの三業惑乱の研究を通じて、宗祖親鸞聖人のみ教えを讃仰しています。
  
        〈山門前の大瀛和上石碑〉
【三業惑乱と大瀛和上】

 浄土真宗のみ教えは親鸞聖人が主著『教行信證』を草稿された元仁元年(1224)聖人52歳の時を立教開宗の年とするならば、早くも780余年の歳月が経ています。その間現在に至るまで、決して平坦な歩みで私たちの手許に届けられているのではないのです。ある時は身命を顧みずに法灯を守り抜こうとした人々のご苦労があってこそ、私たちは今真実の教えに遇うことが出来ているのです。
 親鸞聖人や蓮如上人が誠に立派にみ教えをお説き下さっても、そのみ教えが現在までに伝わる間にねじ曲がってしまったり、途切れてしまっては、私たちが浄土真宗のみ教えに出遇う意味がないではありませんか。

 そのような意味に於いて江戸時代の中期頃に発生した浄土真宗のみおしえの内容についての正邪の争乱事件「三業惑乱」とその渦中にあって、親鸞聖人以来の正法を守り抜こうとされた学僧・大瀛和上(だいえいわじょう)の概要をお知らせ致したく思います。
 大瀛和上は平成15年(2003)に200回忌を迎えられました。この歳には龍谷大学大宮学者本館におきまして、龍谷教学会議の主催で和上の200回忌法要が勤められ記念講演や多くの研究発表が行われました。この200回忌を機会に今一度先人がご苦労された難事件「三業惑乱」について知っておきたいと考えますし、同時にそのことで現在の私たちが正しい教えに遇うことが出来ている喜びを仰ぎたいと思います。
 室町時代の争乱に満ちた社会状況から一転して、江戸時代になると次第に社会全体も落ち着きを取り戻し、やがて真宗教団内部にも学問の研究を盛んに行おうとする気風が活発になってきました。
 寛永16年(1639)には現在の龍谷大学の前身である学寮が造営されて、真宗学の講義が盛んにおこなわれるようになってきました。その反面研究者によって様々な学説が打ちたてられ、学派が発生したり、学説の是非を論争したりすることも起ってきたのです。
 江戸時代の三つの法論と言えば「承応の鬩墻(じょうおうのげきしょう)」(1653年・承応2年)と「明和の法論(めいわのほうろん)」(1764年・明和元年)と、そして「三業惑乱(さんごうわくらん)」(1797年・寛政9年から1806年・文化3年)なのですが、これらの論争は全て在野の学僧と中央機関である学林(がくりん)の学僧との間に展開された論争なのです。いわば地方対中央という学僧間の宗学論争だったわけです。
 しかし、この3つの争論のうち「三業惑乱」が他の2つと異なっている点と言えば、前者の二つの論争は最終的には中央の学僧が勝り、在野の学僧が敗れることで宗学の保持・教団の面目という点でも余り影響を与えなかったのですが、「三業惑乱」はその逆で、本来ならば宗学を保持すべき中央の学僧、特に最高責任者である「能化(のうけ)」が、異なる宗義を説き教団を大混乱におとし入れたのですから、論争は乱れに乱れて決着がつかず、やがて幕府寺社奉行の裁定にまで発展してしまうという大混乱でした。
 ついに文化3年(1806)の幕府の裁定にて、在野の学僧たちに勝利がもたらされたという点でも他の2つの論争とは相違があるところです。
 
それでは「三業惑乱」とはどのような経緯でおこった争論なのか?在野側(古義派と言います)の主張とは、あるいは中央の学林一派(新義派と言います)とはどんな主張をしたのか?
 その内容をうかがって行きましょう。
 
三業惑乱の根元を考える時、遠く宝暦年間の学林第6代能化・功存が『願生帰命弁』という著書をあらわしたことに原因を求めることが出来る。
 
その当時に地方のほうで、本当の浄土真宗の教えではない異安心(いあんじん)が盛んに言われていたので、それを正すために功存師がこの願生帰命説を主張したのが発端なのです。

つまり、当時の異安心とは「無帰命安心(むきみょうあんじん)」と言って、少しの聴聞で、本願のいわれを納得する程度で信心とする異説で、帰依信順をして疑いなき信心とする本当のご法義とはかけ離れたものでした。この「無帰命安心」の異説を正すためにその反動として願生帰命説を説くようになったのです。つまり、浄土に往生するには、無帰命ではなくて、身に阿弥陀仏を礼拝し、口に後生をたすけたまえと唱し、心には一心に願わねばならないとしたのです。これは身・口・意(心)の3つの業をそろえてお願いするので、三業安心(さんごうあんじん)とも言われています。
 
しかし、この三業安心も無帰命安心と同様に、異安心だったのです。

なぜなら、正しい浄土真宗のご法義は願うことに力点が置かれるものではなくて、仏の側から賜りたる信心を信じ順うものなので、私の願う・たのむという行為に頼らないご法義なのです。

この功存師の『願生帰命弁』以降、宗門内では本当のご安心とは何かと混乱する人々も多く出てきたのです。その最中に功存師が亡くなり、寛政9年(1797)第七代能化に智洞(ちどう)師が就任したことにより、ますます大問題と広がっていったのです。
 
智洞師はこの願生帰命説をさらに推し進め『入門六条』を著してこの説を学僧の入門書として刊行したり、病気中の法如上人に代って講義をした時にもこの説を強く主張したばかりでなく、従来の浄土真宗の正しいご法義を間違った考え方として批難したので、一気に「三業惑乱」が表面化してきたわけです。
 これに対して、智洞師の願生帰命説に真向から反対したのが、「大瀛(だいえい)和上(わじょう)」らの在野のメンバーでした。和上は広島県の出身で、伝統的な浄土真宗のご法義を受け継ぐので「古義派」と言われていました。
 
まず智洞師の講義に対する反論として16項目からなる『十六問尋』を作成し「新義派(学林側)」に回答を求めました。
 
また、大瀛和上は『浄土真宗金剛錍』という書物を著し後に『横超直道金剛錍(おうちょうじきどうこんごうべい)』として刊行されると、新義派も反論の余地なしという状況になってきました。
しかし、やっとの思いで『十六問尋』の反論として『十六問尋通釈』を出して面目を保とうと図ったのです。
 この間、本山も末寺も大変な混乱ぶりで、転派をする寺院も出たり、地方の寺の代表者が上洛して決着をうながす場面もあったりしても結局、三業惑乱は決着を見なかったのです。
 
ことの発端は宗学上の問題だったのですが、もはや教団内部では決着がつかない状態にまで、お互いが感情的にも反論し合い、享和3年(1803)には新義派の者数百名が本山に乗り込み、それに対して古義派の者が学林を占拠するような事態に及び、幕府の裁断をあおぐこととなってしまったのでした。幕府による取り調べはかなり詳しく慎重に行われたようです。
 
古義派の代表者、大瀛和上も再三江戸の幕府まで赴き、智洞師との論争を繰り返されたのです。しかし和上は既に、ご病気をおして上京されていたということもあり、決着を見ることなく、文化元年(1804)に往生されています。46歳でした。
 和上の胸には、浄土真宗の正しいご法義を受けつぎ、また次世代の人々に伝えていくという強いお気持ちがおありだったことでしょう。
 
文化2年(1805)にはようやく幕府の裁定を仰ぐこととなりました。
 
その裁定に先立って、新義派の人々は回心状を提出して、ご法義は古義派の主張するご法義に落ち着いたのですが、裁定は両派に厳しいもので、両派に処罰があり、しかも本願寺自体も、百日間の閉門を命じられるというものでした。
 
さらに翌文化3年(1806)には、本如上人の『御裁断御書』が発布されて、宗門内外ともに長い長い間の「三業惑乱」はついに終結したわけです。
 
功存師の『願生帰命弁』から決着まで、約五十年、智洞師の能化就任からでも、約十年の歳月をかけてようやく解決することが出来たわけです。
 
教団内部でこの問題を解決できなかったというショックは大きく、それ以降現在に至るまで特に宗意安心(しゅういあんじん)に関しては、二度とこのような論争がおこらないように、異説が入り込むすきまもないように、綿密に浄土真宗のご法義が決められるようになったという影響(後遺症)はあります。
 
学僧になる時には(学階を取得する時には)必ず『安心論題(あんじんろんだい)』といって、その僧侶が浄土真宗の正しいご法義を身に付けているかを、まず試験する(殿試)ように制度化されています。
 
またこの「安心論題」の内容も、17種類の論題に分かれているのですが、その多くの論題は、三業安心の異説に陥らないように、試す論題が目につきます。
 
私たちの教団には、このような出来事が過去にありました。本願寺(ご本山)さまも、当然不名誉な事実でした。
 
しかし考えてみますと、不名誉な終結をむかえたとは言うものの、当初は純粋な宗学上の論争から発展したことで、当時の人々皆んなが、親鸞聖人のご法義に照らし合わせて自分なりに、正しいご法義を求めていた時代だったのではないでしょうか。
 
現在の私たちに引きあててみると、今ご法義のことで真剣に語り合える教団なのだろうかと考えると、誠に教団全体が研究不足の感があるように思います。どちらの時代が、ご法義と真剣に向かい合っていたのかを考えてみる必要があると思います。

大瀛和上と浄向寺

 大瀛和上は、もともと安芸山県郡中筒賀村の出身でしたが、何故河内国の当院(淨向寺)と関係があるのかと言えば、以下の通りです。

大瀛和上は安永五年(1776)18歳の時、安芸国から上京(京都)して、初めて学林に懸席します。つまり本山の安居に参加したのです。その聴講内容は皆ことごとく記憶したと言います。昔は安居の期間が今よりも長くて、2ヶ月位あったそうです。
 
その安居が満席の時に河内国水走村にいたって僧超に会います。僧超は大瀛和上と同郷の人で、山県郡加計村津波の出身で、額田の淨向寺と水走の法性寺の2カ寺の住職を兼職していたのです。
 
僧超は以前から大和の国で「浄土和讃」の講義をする約束をしていましたが、何らかの理由により出講出来なくなりました。おそらく僧超は医者でもあったので、急患でもあったのかも知れません。そこで大瀛和上が代講することになったのです。
 
その時大瀛和上が大和郡山の光景寺(現在大和郡山市の今井町の光慶寺)で「和讃」の講義をすると、その卓越した才能により、名声が大和地方のすみずみにまで弘まったといいます。

 和上はそれ以降、毎年学林で安居の懸席をしておられるようですが、安居期間が終った後も、すぐに安芸国に帰郷せずに、たびたび当院を訪れて同郷の僧超住職と楽しい時を過したのです。
 淨向寺もその当時は大変ゆったりとした時代だったのでしょう。江戸時代後期には、ご門徒数が15~16軒だったと言いますから、隣村の水走村の法性寺の住職を兼務しても、合計でもわずかな門徒数だったのでしょう。
 
僧超(超公と言われています)も各地に出講して講義をしていますから、自坊でゆっくりと研究をして、要請があれば他寺に出向くという学者だったのです。これを在野(ざいや)の学僧と言います。
 筒賀村の大瀛和上の生家である森家(現当主・森大策氏)には和上が作詩した、小さな漢詩集があります。縦18.7㎝横12.6㎝で合計9枚の小冊子です。和上は若い時より好んで漢詩を作られたのです。
 
その第二番目の詩題に「秋日寓淨向寺・在河内東山」とあるのは当院のことです。天明6年(1786)和上28歳の時の作成だと推測されます。
 大瀛和上は当院を僧超をしたって訪ねて来られたのです。この漢詩も本山の安居が閉幡してから当院にゆっくりと逗留し、同郷の先輩の学友・僧超と故郷のことを話したり、宗学の問題について夜更けまで議論をしたりして、親交を深めていかれたのではないかと思うのです。
 宗学の世界において大変著名な学僧であり、現在の浄土真宗の正意安心を護ってくれたのは和上らの古義派学僧たちの功績であると言えるのですが、そのような学者と淨向寺とは、僧超という江戸時代中期(安永~天明)の住職を通して、深い縁で結ばれているのだと知られます。
 時代を超えて、200年後の私が今、本堂に座して仏典を拝読する時、遠い昔に、大瀛和上も、この本堂で勤行し、研究生活をおくり、漢詩を作ったりしてゆるやかな時間を過しておられたのだと、体で感じ取ることが出来るわけです。
 大瀛和上はその後、寛政9年(1797)39歳のころから争われた「三業惑乱」の為に東奔西走され、結局惑乱の結末を見ずに、46歳の若さでご往生されました。現在築地本願寺の境内にも、和上の顕彰碑が建てられております。